埼玉のデリヘルでゆめとしごと

初恋

初恋は、いつになっても色あせることなく、心の中で良い印象を残し続けてくれるものです。私の初恋の経験は、中学生の頃に訪れました。相手は、同じクラスの少年でした。特にタイプというわけでもなく、女子生徒から人気のある男子でもない男の子でしたが、心の優しさに惹かれ、次第に好きになっていました。
彼と席が近くなるまでは、彼のことは何とも思っていませんでした。しかし、ある時の席替えをきっかけに、距離が近づき、彼の心の温かさを知ることになりました。初恋の相手が、ルックスではなく、心根だったことが、今でも私の良い思い出です。つまり、人を外見で判断することなく、その人の中身を理解した上で好きになった自分を、本当に良かったと感じているのです。
好きになった彼とは、何の進展もないまま、離れ離れになりました。互いに異なる高校へ進学し、2度と会うこともありませんでした。ですが、今でも彼のことを思い出すと、暖かな気持ちになります。それこそが、初恋の良さだと実感しています。


喘息の予防

喘息に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.zennsoku.info/